生前準備

生前から準備をしておくこと

大切な方を失うと悲しむ間もなく、お通夜やお葬式の準備に追われます。精神的にも時間的にも余裕のない中で、準備を行うことは大変です。生前の内に準備をしておくことで、万が一の際にスムーズに対応することができます。 生前準備としてできることは、まず葬儀社を決めておくということです。地域によっても差がありますが、利用圏内でも複数の葬儀社があることでしょう。それぞれに特徴があり、金額が違うこともありますので、リサーチしておく必要があります。病院で亡くなられた場合は、出入りの葬儀社の紹介も受けますが、自らの目で判断した葬儀社にはじめから任せるのがベターです。 また、お葬式のスタイルに希望がある場合は、身内の了承を得ておく必要があります。たとえば、家族葬を行いたい場合は参列を遠慮してもらう親戚の了承が必要です。亡くなられた後に確認を取ると揉めることもありますので、こちらも事前に相談し決めておいた方がよいでしょう。

葬儀社の事前相談サービス

近年、人生の最期について考える「終活」がマスコミを賑わせていました。余生をどう過ごしたいか、どのように最期を迎えたいかといった人生プランから、お葬式の事前予約やお墓の購入、遺影の準備など具体的な行動を取る人も少なくありません。 この終活ブームを経て、葬儀社でも事前相談を広く受け付ける動きが広がっています。電話や対面での相談が可能です。葬儀社独自のお葬式プランや費用形態の説明を受けることができ、こちらから希望するスタイルが可能かなどの問い合わせをすることもできます。 こうした事前相談をするメリットは、スタッフの対応を見れるという点にもあります。お葬式当日、参列頂いた方に失礼のないように、スタッフの対応を見て葬儀社を決めるというのも一つの方法です。